治療に使用されているもの

薬白黒

薬の種類を確認する

咳喘息や喘息などでは通常の風邪薬とは異なった薬が処方されていることが多く、その薬の特徴を理解することが重要です。

テオフィリン薬(気管支拡張薬)

これは咳が出たりやんだりする際に飲む薬です。この薬では気管支を広げて呼吸を楽にしてくれますが、気道が通常よりも敏感になる副作用が存在します。

吸入ステロイド薬

この薬は持続的に咳が続いている場合やテオフィリン薬でコントロール出来ない場合に使用されます。ただ、声嗄れや口腔カンジダ症などの副作用がありますが、口腔カンジダ症はうがいをすることで防ぐことができます。

経口ステロイド

吸入ステロイド薬が刺激物になってしまって咳が出たりする場合や急激に症状が悪化する場合に使われているものです。この副作用はムーンフェイスや副腎機能不全などの症状があります。

治療法

注射

通常の薬を服用しても意味が無い

咳喘息とは知らずに咳止めなどの風邪薬を服用しても意味がありません。咳喘息の場合は気管支の炎症が原因ですのでそのための気管支拡張薬や吸入タイプのステロイドで治療を行なわなければいけません。

近年では吸入ステロイド薬と気管支拡張薬をまとめて配合した治療薬も誕生しており、この治療薬を処方する医療機関も増えてきています。

ただし症状が良くなったからといってすぐに薬の服用を止めてしまいますと再発してしまう可能性がありますので、長期的に服用を続けなければいけません。咳喘息の場合自然に治ることもありますが可能性は極めて低く、それどころか通常の喘息の症状が出てきてしまう可能性があります。

早期の段階で効果的な治療を行って早い段階で治療することが重要です。

違いを知る

薬銀

通常の喘息との違い

咳喘息は通常のものとは異なり、「ヒューヒュー、ゼーゼー」という音が聞こえたりする呼吸困難の症状が出てくるわけではありません。

咳喘息は長期的に咳が継続して起こることが多いのが特徴です。この咳喘息は夜中から明け方に激しい咳が出ることが多く、喉にイガイガ感を感じる、激しい症状が起きている場合では嘔吐や失神してしまう可能性があります。

咳喘息が悪化してしまいますと通常の喘息のような呼吸困難などの症状が出てくることが考えられますので早期の薬などによる治療が必要です。

咳喘息の診断の仕方

咳喘息は喘息を伴わない咳が長期間継続しており、聴診器でも「ヒューヒュー、ゼーゼー」といった喘息独特の音が聞こえたりしないのが特徴です。

また、気管支拡張剤が有効鬼作用する症状だと考えることが出来る場合も咳喘息だと考えられています。

これらの2つの条件を満たしている状態が考えられる場合は咳喘息だと判断することができます。